万博記念公園の桜は、大阪府内の桜の名所として有名なスポットです。

「日本さくらの名所100選」に選ばれており、特にお花見シーズンに毎年恒例となっている桜まつりでは、大勢の人々が花見に訪れます。

万博記念公園(ばんぱくきねんこうえん)の桜が見頃になると、5,500本近くが満開となり、太陽の塔近くにある桜並木は桜のトンネルができます。

 

 

スポンサーリンク

万博記念公園桜見ごろ

万博記念公園桜の開花状況がわかるとお花見の予定が立てやすくなります。

大阪万博記念公園桜の見ごろの時期は、例年通りであれば3月下旬から4月上旬くらいです。

開花状況は、その年の天候などの影響を受けて変わります。

お花見の予定をたてるときは最新の万博記念公園桜の開花情報を確認してくださいね。

 

 

 

 

 

 

万博記念公園桜まつりと夜桜ライトアップ

お花見シーズンには、万博記念公園桜まつりが毎年開催されています。

日程は3月下旬から4月中旬くらい、時間は9時30分から21時です。

いろいろなイベントなどが行われていますので、体験してみてはいかがでしょう。

 

 

万博記念公園桜祭りは夜になるとライトアップされますので、夜桜で花見をすることもできます。
桜だけでなく、太陽の塔などもライトアップされます。

太陽の塔の近くには立派な桜並木がありますので、ぜひ桜のトンネルをくぐってみてください。

いろいろな屋台が出店していて、とても賑やかな桜祭りです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

万博記念公園 バーベキュー

万博記念公園にはバーベキューコーナーがあります。

電車で来られた場合は、最寄り駅の公園東口駅を降りて、自然文化園東口から入ってすぐのところにあります。
車で来られた場合は、日本庭園前駐車場で車を止めて、自然文化園東口から入ります。

屋根が付いていて、コンロや網、炭火は用意されています。
食材と食器、調理道具などを持って行くだけでOKですので、気軽にバーベキューを楽しめます。

バーベキューをしながらお花見が楽しめることからとても人気となっています。

 

 

 

 

 

宿泊・ホテル

大阪府吹田市の万博記念公園、周辺の宿泊施設やホテルです。
 ↓ ↓ ↓
ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

 

大阪万博記念公園桜のアクセスと駐車場

大阪万博記念公園桜の行き方ですが、場所は大阪府吹田市千里万博公園1-1 万博記念公園です。

公共交通機関から行かれる場合の万博記念公園へのアクセスは、大阪モノレール公園東口駅を下車し、歩いて5分ほどです。

大阪モノレール万博記念公園駅からも行くことができ、徒歩5分近くで到着します。

万博記念公園桜へ車で行かれる場合は、有料駐車場があります。

全部で1,012台停められる東駐車場、1,153台停められる南第1駐車場、971台の中央駐車場、691台の西駐車場、616台の日本庭園前駐車場です。

駐車場料金は、平日と土日祝日とで異なります。

 

 

スポンサーリンク