北海道神宮祭は北海道札幌市で開催されるお祭りです。

「札幌まつり」「中島公園のお祭り」ともいわれる北海道神宮祭は、札幌の夏の到来を知らせることでも市民に親しまれています。

平安絵巻を想い起させる行列が、札幌の街を練り歩くなど、札幌の夏の風物詩となっています。

伝統的な行事は、都会の慌ただしさを忘れさせてくれます。

北海道神宮祭(札幌祭り)では中島公園で出店が多く並び人気となっています。

 

スポンサーリンク

 

北海道神宮祭(札幌祭り)日程・時間

「札幌まつり」とも称される北海道神宮祭は、曜日に関係なく毎年6月14日~16日に開催されています。

 

北海道神宮祭(札幌祭り)日程

宵宮祭:2018年6月14日(木) 18:00~ 
例祭:2018年6月15日(金) 10:00~
神輿渡御:2018年6月16日(土) 9:00~17:00
 

会場:北海道神宮
場所:北海道札幌市中央区宮ケ丘474
アクセス:地下鉄東西線 円山公園駅より徒歩15分

 

 

 

北海道神宮祭(札幌まつり)スケジュール

 

札幌の夏の到来を知らせるともいわれる北海道神宮祭(札幌まつり)ですが、3日間にわたって開催されます。

 

 

■1日め「宵宮祭(奉納行事)」

1日め「宵宮祭」は北海道神宮祭の前夜祭のような感じです。

場所は北海道神宮で、三条神楽やよさこいソーラン、太鼓の演奏など各団体によるパフォーマンス、野点(のだて:屋外で楽しむ茶会のこと)や猿まわしなどが行われます。

 

■2日め「例祭(奉納行事)」

2日め「例祭」は、場所は北海道神宮で、三条神楽や能楽、雅楽、三条神楽、弓道などのパフォーマンス、野点、猿まわしなどが行われます。

 

■3日め「神輿渡御」

3日めに開催される「神輿渡御(みこしとぎょ)」とは、神輿に北海道神宮の神様をのせ、1,000人以上の長い長い行列が、一日かけて札幌市内を練り歩きます。

 

 

 

北海道神宮祭 神輿・山車


 

クライマックスは北海道神宮祭の最終日、16日に行われる「神輿渡御」です。

平安時代の装束を身にまとった1,000人以上の行列が、4基の神輿と8台の山車を担ぎ、市内を練り歩きます。

これは、神輿にのせた北海道神宮の神様に、街の繁栄をお見せするために行われます。

大勢の市民が沿道で神輿をお迎えし、行列を見守ります。

北海道神宮祭の神輿渡御のルートは、昨年のルートと変わりますので、本年度の順路図を参考にするようにして下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

 

北海道神宮はどんな神社?


 

北海道神宮祭が開催される北海道神宮は、北海道で一番参拝客が多く、最も有名な神社です。

元旦などの初詣の時期や七五三の時期など、多くの人々が訪れ、タイミングが良ければ結婚式が行われていたりします。

春になると梅や桜などの花見客でにぎわう花見スポットでもあります。

本州では梅が咲きおわってから桜が咲きますが、北海道では梅と桜が同時に咲きます。

北海道神宮の境内では野生のエゾリスが姿を見せることもありますよ。

 

 

 

 

中島公園のお祭り(出店)

北海道神宮にも屋台(露店)が出店しますが、中島公園内には出店が約450店と大規模です。

・北海道神宮祭の奉納行事を楽しむなら「北海道神宮
・北海道神宮祭の出店を楽しむなら「中島公園

 

中島公園は屋台(出店)のみの会場となり、北海道神宮祭の行事は行いません。

また、北海道神宮祭(札幌祭り)は、地元の方々には「中島公園のお祭り」とも呼ばれています。

中島公園の祭り(出店)では、ぎっしりと並んだ屋台がお祭り気分を盛り上げてくれます。

 

 

やきそば、お好み焼き、フランクフルト、アメリカンドック、りんご飴等、お祭り定番の食べ物から変わりどころまで、どれもおいしそうな食べ物が並びます。

出店の前を通るとにおいにつられてついつい買ってしまいますよね。

大規模な北海道神宮祭の出店を、子どもたちから若者、大人たちまで皆がとても楽しみにしています。

北海道神宮祭では中島公園の出店は外せないポイントとなっています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

中島公園の出店の時間

北海道神宮祭では、「北海道神宮」と「中島公園」の2か所に屋台が出店します。

 

 

■中島公園 出店の時間

10:00~22:00

最終日の中島公園の出店の時間は、屋台によって異なります。

中島公園の出店は夕方が近付くにつれ混雑し始めます。

中島公園の出店が一番混雑する時間帯は夕方以降の時間帯です。

 

 

 

北海道神宮 出店の時間

■北海道神宮 出店の時間

9:00~21:00

最終日(16日)は夕方の18:00頃までです。

 

 

 

中島公園の場所・アクセス

会場:中島公園
場所:北海道札幌市中央区中島公園
アクセス:地下鉄南北線中島公園駅降りてすぐ

 

 

 

 

宿泊施設・ホテル

北海道札幌市の北海道神宮祭、会場周辺の宿泊施設やホテルです。

 

■ラ・ジェント・ステイ札幌大通
(北海道札幌市中央区南2条西5丁目26-5)

オープンしてまだ新しいホテルです。ホテル内のレストランでは北海道の旬の食材を使ったお料理をいただくことができます。天然温泉があります。

札幌駅から南へ徒歩15分、中島公園から北へ徒歩15分の場所にあります。
すすきの駅は徒歩5分です。

ラ・ジェント・ステイ札幌大通

 

 

 

■札幌グランドホテル
(北海道札幌市中央区北1条西4丁目)

「朝食がおいしいホテル」として何度も賞に輝いているホテルです。
北海道の食材を使った和洋バイキングで人気です。

札幌駅南口より地下直結で徒歩8分です。
札幌を観光、散策するには便利な立地にあるホテルです。

札幌グランドホテル

 

 

 

■札幌プリンスホテル
(北海道札幌市中央区南2条西11丁目)

札幌の夜景を見るならこちらがおすすめです。円形のホテルから美しい眺望が望めます。

札幌市営地下鉄東西線「西11丁目駅2番出口」から徒歩3分です。

札幌プリンスホテル

 

 

もっと見てみる
 ↓ ↓ ↓
ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

北海道神宮祭 駐車場

札幌市内は地下鉄が通っていますので交通の利便性はよく、地下鉄を使ってお祭りに出かけられる方は多くいます。もちろん車で来られる方もいます。

北海道神宮祭の駐車場は、特別に設けられておりませんので、周辺にある有料駐車場を利用することとなります。

最終日の16日は「神輿渡御」が行われますので、札幌市内で交通規制がかかります。

神輿渡御の順路は車は通行できませんのでご注意下さい。

お祭り当日は多くの方でにぎわいますので、普段以上に駐車場は混み合います。

郊外の駐車場に車を止めて、地下鉄で都心に出かけるのも一つの方法になるでしょう。

 

 

スポンサーリンク