目黒川で花見をするとき、レジャーシートを敷くような場所がないので食事に困るかもしれません。

桜まつり期間中でしたら屋台がありますし、川の近くの飲食店などが屋台を出すなどしています。

席から桜が見られるレストラン、クルーズ船などもありますよ。

 

スポンサーリンク

 

目黒川花見の見ごろと場所

目黒川で花見ができる場所は、東京都目黒区の下目黒と大橋の間です。

 

■目黒川の桜並木の場所

 

見ごろは3月下旬から4月上旬くらいで、花びらが川の水面に浮かぶ様子は、川沿いにある花見スポットならではの風情が感じられます。

目黒川桜の開花時期には桜祭りも開催されます。

実際の開花状況は毎年変動しますから、シーズンが近づいたら開花情報をチェックするようにしてみてください。

 

 

 

 

 

 

中目黒公園

目黒川で花見をしながらなにか食べたいという場合、川沿いはレジャーシートを敷いて宴会をするということは困難です。

子供がまだ幼いから、食事をする場所を探すのが大変という方も少なくありません。

 

 

家族連れの方には、中目黒公園内の「さくらのテラス」というスペースなどでレジャーシートを敷いてランチがおすすめです。

また、お出かけになる日程が目黒川桜まつり開催中でしたら、屋台が出店していますので、手軽に買って食べてはいかがでしょう。

屋台グルメを食べ歩きながら川沿いを散策するのも楽しいものです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

目黒川で花見をしながら食事

目黒川で花見をしながら食事をしたいなら、いくつかのコースがあります。

目黒川は桜の見えるレストランがあります。

また、目黒川沿いは花見ができるレストランや夜桜が見れる居酒屋などもあります。

 

 

時間帯が日中で、代官山の方にショッピングも行きたいなどという場合は、西郷山公園の桜も穴場の花見スポットです。

目黒川で花見をしてから、旧山手通りへ向かう途中の西郷山公園へ行き、代官山のレストランやカフェというコースです。

また、目黒川お花見クルーズなら、食事をしながら川から桜を眺めるという、いつもと違う楽しみ方ができます。

クルーズというと数十名の団体で予約をして乗船するイメージがありますが、乗合クルーズというものがありますので、1人でも楽しむことができます。

ご自身にあったスタイルを選んでもいいですし、何度も足を運んでいろいろ体験してみるのも楽しいですよ。

 

 

スポンサーリンク