南禅寺の桜を見にでかけると、広い境内ではお花見やさまざまな楽しみも堪能させてくれます。

水路閣やロケ地としても有名な三門を回ってみてください。

南禅寺(なんぜんじ)の周辺には、哲学の道や蹴上インクライン、岡崎疏水など、多くの桜の名所があります。

ランチは、近くには湯豆腐の名店がありますよ。

 

 

スポンサーリンク

南禅寺桜の見ごろ

 

南禅寺桜が見ごろの時期は、例年通りであれば4月上旬から中旬くらいです。

ヤエザクラ、ソメイヨシノ、シダレザクラなど、100本近くの南禅寺桜を見ることができます。

この中ではシダレザクラが最も早咲きで、遅くまで見られるのはヤエザクラとなります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

南禅寺桜の見どころ 三門・水路閣

南禅寺桜を見に参拝へ行ったら、押さえておきたい見どころがいろいろあります。
とても広い境内なので、じっくり回りたくなります。

中門の先に見えてくるのは、天下竜門の名でも知られる三門です。

映画や時代劇などでよくロケに使用されるスポットですから、三門という言葉は知らなくても見たことがある方は多いでしょう。

日本一といわれる、6mもの高さの灯ろうが象徴的です。

 

 

先へ進むと、水路閣が右手に見えてきます。

明治時代に作られ、京都へ琵琶湖から疏水するためのもので、今でも使用されています。

水の流れる速さは、毎秒2トンだということです。

南禅寺桜へせっかく訪れたのですから、御朱印を記念にいかがでしょう。

御朱印帳を持っていなくても、拝観受付で販売されていますよ。

購入を機に、あちこち巡ってみるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

南禅寺桜と湯豆腐ランチ

南禅寺桜を見に出かけたら、ランチも楽しみの一つです。
南禅寺のすぐ近くにある湯豆腐で有名なお店といったら、南禅寺順正でしょう。

湯豆腐やゆばのコースや会席をいただけます。
ランチの予算は約3,000円~です。

南禅寺桜へ行った帰りには、ぜひ名物の湯豆腐のランチを食べてみたいですね。

 

 

 

 

宿泊・ホテル

 

京都府京都市の南禅寺、周辺の宿泊施設やホテルです。
温泉にゆっくりつかって帰るのはいかがですか?

 

周辺ホテル・宿泊施設 一覧
 ↓ ↓ ↓
ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

 

南禅寺桜のアクセスと駐車場

南禅寺桜が見られる場所は、京都府京都市左京区南禅寺福地町です。

公共交通機関から行かれる場合の南禅寺桜へのアクセスは、京都市営地下鉄東西線の蹴上駅で下車し、歩いて10分ほどです。

南禅寺桜へ車で行かれる場合は、50台が停められる有料駐車場があります。

 

 

スポンサーリンク