奈良公園の桜は、佐保川、浮見堂、若草山、春日野園地、氷室神社などの見どころの景色とともに満開の桜を見ることができます。

奈良公園は桜だけでなく、秋には紅葉を見ることができる美しい公園です。

公園の周辺には、オシャレな古民家カフェなどが数多くあります。
ランチデートも兼ねて、奈良公園へお花見にでかけてみてはいかがでしょう。

 

 

スポンサーリンク

奈良公園桜の見ごろと開花情報

奈良公園桜の開花情報ですが、一番早く咲くのがしだれ桜、続いてソメイヨシノとヤエザクラが順番に咲いていきます。

奈良公園桜が見ごろの時期は、例年通りであれば3月下旬から4月下旬くらいです。

その年の見ごろがいつになるかは、天候などの影響を受けて開花状況が変わります。

 

 

 

 

 

 

氷室神社の桜

奈良公園で一番早く咲く桜は、氷室神社にあるしだれ桜です。

早咲きであることから、通称、奈良一番桜と呼ばれています。

 

 

氷室神社は東山一帯の山の神様であり、氷室神社のしだれ桜は奈良の春を告げるしるべといわれています。

氷室神社から徒歩10分のところに奈良県庁があります。

県庁の屋上広場からは奈良市内が一望できますのでおすすめです。

奈良公園の東大寺大仏殿や若草山も見えますよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

奈良公園ライトアップ

奈良公園では桜のライトアップは行われていませんが、

重要建造物等を中心に通年、ライトアップが行われています。

奈良公園のライトアップの場所は、興福寺五重塔、浮見堂、春日大社一の鳥居などです。

中でも浮見堂ライトアップは、池の端に浮かぶ木造のお堂はひっそりとしており情緒があります。

 

 

 

 

奈良公園桜だけではない楽しみどころ

奈良公園に鹿は1000頭以上いますが、その他にも奈良公園にはタヌキ、イノシシ、ムササビ、リスなどの動物がいます。

タヌキとムササビは夜行性ですので、奈良公園のライトアップで見かけるかもしれませんね。

 

 

また、桜の時期は過ぎますが、奈良公園では毎年5月中旬から7月頃までは、鹿の赤ちゃんが誕生するシーズンです。

かわいらしい子鹿を公開する特別イベントなども行われています。

子鹿を見ることができるのは例年6月初めから6月末まで、春日大社の境内です。

 

 

 

 

奈良公園お土産

奈良公園へ行くなら買って帰りたい人気のお土産たちです。

 


鹿飛び出し注意!バタークッキー

 

 


大和の鹿

 

 


吉野くず餅 合わせ焼き

 

 

 

 

周辺宿泊施設・ホテル

奈良県奈良市の奈良公園、周辺の宿泊施設やホテルです。
温泉にゆっくりつかって帰るのはいかがですか?

 

周辺ホテル・宿泊施設 一覧
 ↓ ↓ ↓
ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

 

奈良公園桜のアクセスと駐車場

奈良公園桜が見られる場所は、奈良県奈良市春日野町・登大路町・雑司町・高畑町一帯です。

公共交通機関から行かれる場合の奈良公園へのアクセスは、近鉄奈良線の近鉄奈良駅で下車し、歩いて5分ほどです。

JR奈良駅から行かれる場合は、バスに乗り換えて10分ほどで「大仏殿春日大社前」というバス停に着きますので、降りたら歩いて5分ほどです。

奈良公園桜へ車で行かれる場合は、周辺に有料駐車場があります。

駐車場の規模や料金ともバラバラです。

奈良公園のお花見シーズンは大変混み合い、駐車料金も割高になる駐車場もあるようです。

 

 

スポンサーリンク