まだまだ寒い日が続いていますが、気になるのが桜の開花予想。

今年の桜は早い九州では3月下旬から咲き始める予定です。

山形県の置賜地区にある「置賜さくら回廊(おきたまさくらかいろう)」は、南陽市・赤湯温泉から白鷹町荒砥までの全長43Kmの観光ルート。

置賜さくら回廊は釜の越桜など20か所で古木の桜などが咲き、地元でも有名な桜の名所です。

関東地方よりも2週間ほど開花時期が遅いため、お花見を見逃したという方でも楽しめます。

 

 

スポンサーリンク

置賜さくら回廊人気スポット

山形県の置賜桜回廊は全長43Kmとかなり距離があり、第三セクター・フラワー長井線とほぼ平行して走っています。

全長43Kmの20か所すべてを見て回るのには一日がかりとなります。

初めて行く人にとっては、どの桜を見てまわったらいいかわかりませんよね。

置賜さくら回廊の桜おすすめの人気スポットをご紹介します。

 

 

 

釜の越桜

 

「釜の越桜」はツアーやバスツアーなどでは必ず立ち寄る、置賜さくら回廊の人気の桜スポットです。

樹齢は800年といわれ、高さはなんと20mもある巨木です。

 

 

 

 

伊佐沢の久保桜

伊佐沢の久保桜は樹齢約1200年の桜。
国の天然記念物に指定されています。

置賜さくら回廊「伊佐沢の久保桜」は釜の越桜とともに人気の桜スポットとなっています。

東西24.7mに枝を伸ばし、360度あらゆる角度から桜の美しさを堪能できます。

 

 

 

■烏帽子山千本桜

日本さくら名所100選にも選ばれている桜。

 
   
■最上川堤防桜

東西約2キロの堤防に約200本の桜が植えられています。
春には土手に菜の花が咲き、遠く残雪をかぶる山々を眺めることができます。

 

■草岡の大明神桜

人里に植えられた桜の中では国内最大級。

 

 

 

 

土地勘がないと電車で移動を考えてしまいがちですが、置賜さくら回廊は電車で移動するよりもマイカーがあったほうが断然便利です。

しかし、マイカーがなくても、気軽に楽しめる方法があります。それが「レンタサイクル」です。

これなら置賜さくら回廊の桜の名所をくまなく巡れそうです♪

 

 

スポンサーリンク

 

 

置賜さくら回廊 レトロタクシーで回るツアー

置賜さくら回廊の開催期間中、さまざまなツアーが実施されています。

置賜さくら回廊は、43Kmという長い距離のため、桜の観光ルートをまわる地元のタクシー会社の観光タクシーを利用することもできます。

タクシーでまわるなんて、なんだか味気ない・・・、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、中にはレトロなデザインのタクシーなどもありますよ。

 

 

ほかにもクラシックなロンドンタクシーに乗って桜回廊をめぐるツアーも。

貸し切りで要予約なので、気になる方は早めに予約しておくことをおすすめします。

 

 

 

 

宿泊・ホテル

山形県置賜さくら回廊周辺の宿泊施設やホテルです。
温泉にゆっくりつかって帰るのはいかがですか?

 

周辺ホテル・宿泊施設 一覧
 ↓ ↓ ↓
ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

 

1か所の桜を見るのではなく、次に向かう先の桜はどんな桜なんだろう・・・と、

想像しながら楽しめるのも、置賜さくら回廊の魅力。

行く先々で出会う桜はもちろん、黄色いちゃんちゃんこを着た地元のボランティアガイドさんのトークも♪

いろんな桜に会いに、今年の春こそ山形・置賜桜回廊に出かけてみませんか?

 

 

スポンサーリンク