相模川の芝桜は、神奈川県相模原市の芝桜の名所で、「芝ざくらライン」の通称で知られています。

田園風景を抜けたその先には、日本一の長さを誇る相模川の芝桜を見ることができます。

見頃の時期になると毎年、芝ざくらまつりが開催されます。

 

スポンサーリンク

相模川芝ざくらまつり

相模川の芝桜が見ごろになる時期は3月下旬から4月中旬ごろです。

相模川芝ざくらまつりが行われるのは、例年通りであれば4月上旬から中旬ごろとなっています。

2018年(平成30年)は4月1日(日)から4月20日(金)です。

開花状況など見ごろの時期は天候によって変わりますから、おでかけの前に最新情報をチェックしてみてくださいね。

 

 

「芝ざくらライン」と呼ばれる相模川の芝桜は、荒れていた河川敷を蘇らせようと、

老人クラブの方々が発起し、地元のボランティアの方々とともにつくりあげてきたそうです。

すべては地元を愛する心から生まれた、ボランティアの方々の努力や、

地元の企業の協力などで相模川の芝桜は守られています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

相模川芝桜の口コミ・感想

 

 

 

 

 

 

 

 

■相模川 新磯の芝桜。開花が遅かった樹木の桜も散り際で、合わせて観れて良かったです。

■暖かな朝を利用して、行ってみたかった相模川の芝桜ラインへ来ました。植わってる長さは日本一らしいです。遊び心もあった。

■芝桜@相模川のほとり。スイセンもたくさん咲いていて素敵な共演。

■相模川の芝桜を見てきました。色々なグループが区画ごとに手入れをされているようです。5月の連休にはここで大凧が上がります。

■今日は相模川河川敷まで、芝桜を見に。お天気良かったけど、風が強かった~(>_<) でもとっても綺麗でした。

■つくしとか久々に見たよ〜。ワンコいっぱいだったし、中学生のブラバン演奏も聴けて楽しかった。

■相武台下駅から徒歩15分、相模川芝桜まつりに行ってきました!富士山と富士五湖もありました!のんびりしていていいですよ~(=^ェ^=)

■相模川の芝桜、真ん中辺りがまさにピンクのじゅうたん状態でした。

■相模川を走ってきたよ。芝桜が綺麗~~~(*˘︶˘*).。.:*♡

■芝桜のミニ富士山の後方に大山。相模川の向こうには圏央道厚木PA。割と絶景。

■相模川芝桜やってんだね~。。あれはちょっと遠くからみると綺麗なんだよな~。。

■相模川沿いにずらーっと咲き誇る芝桜。まさか近くでこんな綺麗な花が咲いているなんて知らなかったなぁ。

■相模川芝ざくらまつりに行ってきました。芝桜をしっかり見たのは人生初かも。きれいでした♪

 

 

 

 

相模川芝桜のアクセスと駐車場

 

相模川芝桜まつりが開催される場所は、神奈川県相模原市南区新戸・磯部地先の相模川堤防です。

1,400mもの長さを咲き誇り、この距離は日本一です。
このスポットは、相模川「芝ざくらライン」の通称で知られています。

公共交通機関から行かれる場合のアクセスは、主に3ルートあります。

1ルート目は、JR相模線の相武台下駅に着いたら、歩いて15分ほどで到着します。

2ルート目は、小田急線の相武台前駅で下車し、磯部行きバスに乗り換えたら、終点で降りてください。
そこから歩いて10分ほどです。

3ルート目は、小田急線の相武台前駅で下車し、磯部行きバスに乗り換えたら、「相武台下駅」というバス停で降り、歩いて15分ほどです。

車で行かれる場合は、有料駐車場があります。

 

 

スポンサーリンク