千秋公園の桜は、秋田の桜の名所であり、人気のお花見スポットです。

文化財(名勝)の指定を受けたり、さくらの名所100選、日本の歴史公園100選など数々の栄誉に輝いています。

千秋公園(せんしゅうこうえん)でおこなわれる桜まつり開催時には、たくさんの屋台の出店やライトアップも行われます。

 

スポンサーリンク

 

千秋公園桜まつり

秋田の千秋公園桜まつりは開花時期に合わせて、毎年4月中旬から下旬にかけて開催されます。

千秋公園桜まつりが開催される時期には、ライトアップも行われます。

昼間の可憐な姿だけでなく、夜桜の妖艶な美しさも観桜する人々を魅了します。

 

 

千秋公園桜祭りでは屋台も多く出店します。

家族連れや友人同士、カップルなど、皆、お弁当などを持参し、シートを敷いてお花見を楽しんでいます。

美しい桜を見ながら広い園内を散策したり、屋台のおいしい食べ物を買ってお花見をしたりと、千秋公園さくらまつりは人気の花見スポットです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

千秋公園桜の見ごろ

千秋公園桜が見ごろの時期は、例年通りであれば4月中旬から下旬くらいです。

気候などの影響を受けて見頃は前後しますから、開花予想などをチェックしてお花見の予定を立ててくださいね。

 

 

ヤエザクラ、ギョイコウ、ヒガンザクラ、ソメイヨシノ、シダレザクラなどの品種を見ることができます。

春のお花見シーズンを過ぎても、5月中旬になればツツジが咲き誇ります。
初夏になったら、また訪れてみてはいかがでしょう。

 

 

 

宿泊・ホテル

 
秋田県秋田市の千秋公園、周辺の宿泊施設やホテルです。
温泉にゆっくりつかって帰るのはいかがですか?

 

周辺ホテル・宿泊施設 一覧
 ↓ ↓ ↓
ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

千秋公園桜のアクセス・駐車場

千秋公園桜が見られる場所は、秋田県秋田市千秋公園1-1です。

公共交通機関から行かれる場合の千秋公園桜へのアクセスは、JR秋田駅を下車し、歩いて10分ほどです。
ポケットパークまででしたら、駅から5分で到着します。

千秋公園桜へ車で行かれる場合、園内や公園周辺の中心地街地にも駐車場があります。

 

 

 

 

千秋公園の歴史

千秋公園は1896年(明治29年)に、秋田藩20万石佐竹氏の居城跡に造成されました。

1602年(慶長7年)から12代267年も続いた久保田城跡ですが、そもそも築城したのが慶長8年に自然の台地を用いたものなので、天守閣や石垣がありません。
そうした平城だったことが、現在の公園の特徴にもつながっています。

秋田の「秋」と、長久(長く続くこと)という言葉が意味する「千」が由来となって公園の名前が命名され、長く繁栄しますようにという祈りが込められています。

平成20年に文化財(名勝)の指定を受けたり、平成2年にさくらの名所100選、平成18年に日本の歴史公園100選、同年に日本の100名城などさまざまな栄誉に選ばれている公園です。

 

 

スポンサーリンク