高尾梅郷梅まつりは、東京八王子市でおこなわれます。

高尾山のふもとにある高尾梅郷(たかおばいごう)は、ハイキングや山歩きもたのしめる東京の梅の名所として人気のスポットです。

裏高尾町にある「木下沢梅林」など、全体で10,000本もの梅の花を愛でることができます。

高尾梅郷梅まつりでは、梅の加工品を購入できたり、琴の演奏や野点を楽しめるなどいろいろなイベントも用意されています。

 

 

スポンサーリンク

高尾梅郷 開花情報

「高尾梅郷」とは、高尾山の北側のふもと、旧甲州街道や小仏川沿いにならぶ各所の梅林を総合して、「高尾梅郷」と呼びます。

遊歩道梅林、関所梅林、天神梅林、荒井梅林、湯の花梅林、木下沢梅林などの梅林が、東西にながく(約4.5km)並びます。

高尾梅郷全体では、一万本以上の梅があります。

高尾梅郷の開花情報ですが、例年通りであれば2月下旬から3月下旬まで長く見ごろを楽しめます。

 

 

 

 

高尾梅郷梅梅まつり

高尾梅郷梅まつりが開催される期間は、例年通りであれば、3月中旬ごろの土日の2日間です。

高尾梅郷が見ごろを迎える時期は、2月下旬から3月下旬ごろです。

梅まつり期間以外では、開花情報をチェックし梅の最も開花状況がよさそうな日程におでかけになってみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

木下沢梅林 特別開放

木下沢梅林(こげさわばいりん)は高尾梅郷のなかで最大規模の人気の梅林です。

普段は閉鎖されてますが、梅まつりでは特別に開放されます。

梅まつりに合わせて3月中旬ごろから3月下旬ごろまで、土日祝だけでなく平日も開放されています。

木下沢梅林園内は観梅客用に整備され、いくつかのトレッキングコースがあります。

山肌一面に広がる紅白の梅を見ることができますのでおすすめです。

 

 

【木下沢梅林 開花情報】

木下沢梅林の開花状況は、高尾梅郷のなかで最も遅く開花します。

梅まつりが行われる数日後あたりが見ごろとなります。

 

 

 

 

宿泊・ホテル


 

東京都八王子市で開催される高尾梅郷梅まつり、周辺の宿泊施設やホテルです。
 ↓ ↓ ↓
ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

 

高尾梅郷梅の場所とアクセス

高尾梅郷梅まつりの開催地がある場所は、東京都八王子市西浅川町・裏高尾町です。

公共交通機関から行かれる場合のアクセスは、まずJR高尾駅に到着し、北口からでて小仏行きバスに乗車しましょう。

 

 

降りるバス停は、日影もしくは大下(木下沢梅林)、蛇滝口(湯の花梅林)、荒井(天神梅林)、駒木野(関所梅林)、小名路(遊歩道梅林)。

遊歩道梅林は、京王高尾山口駅からは歩いて10分ほど、JR高尾駅から歩いて15分ほどです。

梅林が旧甲州街道沿いのあちこちにあり、10,000本近くの梅が咲きます。

琴の演奏や野点、露店がでるなどして盛り上がります。
各梅林では、梅の加工品、おでん、焼そば、焼き鳥などの販売がありますよ。

駐車場は梅林にはありませんし、周辺にあまりないため、多くの方は公共交通機関を利用しています。

 

 

スポンサーリンク