愛知県豊橋市で行われるイベント「豊橋まつり(とよはしまつり)」は市民が一体となって踊り楽しむお祭りです。

小さい子供から大人まで、みんなで踊り楽しむ豊橋市の祭り。

開催日が近づくと地元の方はなんだかみんな落ち着かなくなるほどなんだとか♪

豊橋まつりは、総おどり、ええじゃないかダンスなど、見どころいっぱいの祭りに今年こそ参加してみませんか?

 

スポンサーリンク

 

豊橋まつり 日程・場所

豊橋まつりは毎年10月第3土・日曜日に開催されています。
 

日程:2018年10月20日(土)、21日(日)の2日間の2日間
場所:愛知県豊橋市 豊橋駅から豊橋公園一帯 駅前大通り、広小路通り

 

 

 

豊橋まつり総踊り

豊橋まつりの見どころといえば「総おどり」。やっぱりこれを抜きにして語れません。

それがええじゃないか豊橋まつり「総踊り」。

「豊橋音頭」「新・豊橋とんとん唄」「マツケンのええじゃないかⅡ」などの曲で、2万人を超える人が参加。

 

 

 

駅前通りを通行止めにして、市民や協賛企業の社員たちが踊る姿は圧巻です。

参加者は団体や少人数のグループなどさまざま。

それぞれのグループは華やかな衣装を身にまとい、一斉に踊ります。

豊橋祭りの総踊りは祭りの初日の夜に行われています。

大人だけでなく、子供たちもこども総おどりで微笑ましい踊りを見せてくれますよ。

 

 

 

豊橋まつりの見どころ

一番の見どころは、豊橋まつり「総おどり」ですが、こども総踊り、ステージでの競舞、演舞なども行われ、大変にぎやかなお祭りとなります。

祭りのフィナーレには「豊橋パレカ」がおこなわれ、パレードやダンス、パフォーマンスなど、最後の最後まで祭りを盛り上げてくれます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

豊橋まつり 屋台

豊橋まつりは屋台も数多く出店しています。その数は見てまわるのも大変なほど。

豊橋まつりは屋台も楽しめると評判です。

 

 

たこやき、ベビーカステラ、りんご飴など、昔ながらの定番ももちろんありますが、

うずらの肉のフランクフルト、トルコアイス、鮎の塩焼き、すいとん、御幣餅、B級グルメもたっくさん。

地元の方や地元のお店が出店した屋台もたくさんありますし、物産展などでもりんごや梨、柿などの農産物がお安く購入できます。

 

 

 

 

宿泊施設・ホテル


 

愛知県豊橋市の豊橋まつり、会場周辺の宿泊施設やホテルです。
 ↓ ↓ ↓

ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

ええじゃないか舞踊三昧(ダンスざんまい)

豊橋祭りの初日、朝から夕方にかけて行われる「ええじゃないか舞踊三昧(ダンスざんまい)」は競舞部門・演舞部門に分かれます。

競舞部門ではダンスコンテストが行われ、「ええじゃないか大賞」を目指し、そのダンスの技を競います。

2006年からスタートしたダンスコンテストの参加チームは実にさまざま。

 

 

市内や周辺住民たちがダンスチームを結成。

ジャンル分けはなく、どのようなジャンルのダンス、パフォーマンスでもOKです。

最近ではそのレベルもUPして、市民ダンスの域を超えているのだとか♪

また、ええじゃないか舞踊三昧(ダンスざんまい)で入賞したチームは、翌日の「豊橋まつりフィナーレ」でも再度踊りを披露する予定。

入賞したチームを最終日にも見るチャンスがあるのでお見逃しなく!

 

 

 

 

豊橋祭り アクセス

■電車
市電「豊橋公園前」下車徒歩3分

■駐車場
豊橋まつりの駐車場は特別に設けられていませんので、駅周辺などの有料駐車場を利用することとなります。

豊橋祭り開催期間中は、混雑・渋滞が予想されますので、公共交通機関を利用がおすすめです。

■交通規制
豊橋祭り期間中は、広小路通り、駅前大通り、広小路通などで交通規制があります。

 

 

スポンサーリンク