奈良県奈良市の月ヶ瀬梅林では、約一万本の梅が咲く、奈良の梅の名所です。

毎年、梅の開花時期になると、月ヶ瀬梅渓梅まつりが開催されています。

期間中はいろいろな場所で、さまざまな催し物が開催されます。

月ヶ瀬梅林(つきがせばいりん)では月ヶ瀬梅渓早春マラソン、

月ヶ瀬温泉にて煎茶祭、天神社の境内で天神社知恵餅まきなど、気になるイベントがまだまだあります。

 

 

スポンサーリンク

月ヶ瀬梅林梅まつり

奈良県奈良市月ヶ瀬で開催される月ヶ瀬梅林梅まつり(正式名:月ヶ瀬梅渓梅まつり)の日程、期間は、

例年2月中旬から3月末ごろとなります。

月ヶ瀬梅林は周辺にある梅林の総称です。

ウォーキングコースに沿って山を登って行きますが、名張川を見下ろす絶景など、見事な景色を見ることができます。

月ヶ瀬梅林が人気であるのは、こういった山や川の美しい景色が楽しめるところです。

 

 

 

道(遊歩道)は整備され、主に観梅のミニコースは片道30分ほどですから、無理なく歩くことができるでしょう。

途中には、絶景を眺めながらお食事ができる食事処や茶屋が多くあります。

また、月ヶ瀬梅林梅まつりでは地元の特産品を並べた売店も多く出店します。

月ヶ瀬は「梅と茶の郷」といわれるほど、梅林の周辺には見事な茶畑が見られます。

地元で採れたひげ茶というお茶も売店で販売されますよ。

名物の「草餅」は梅園へ向かうあちらこちらの売店で販売されていますから、焼きたてを頂くことができます。

普段は静かなこの場所は、月ヶ瀬梅林梅まつりの時期になると多くの観光客でにぎわいます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

月ヶ瀬梅林の見ごろと開花情報

奈良の月ヶ瀬梅林梅まつりにせっかく行くことになったら、ちょうど見ごろを迎えている時期に行きたいですよね。

月ヶ瀬梅林の見ごろの時期はいつなのでしょうか。

開花情報ですが、例年の満開の時期は3月中旬ごろだそうです。

満開は約10日間ほど続きます。

ただ、近年の暖冬の影響で、開花の時期が早まっているそうです。

月ヶ瀬梅林の梅まつりに行く予定を計画するときには開花状況を確認し、ベストなタイミングにお出かけくださいね。

 

 

 

 

 

宿泊・ホテル

奈良県奈良市の月ヶ瀬梅林、周辺の宿泊施設やホテルです。
温泉にゆっくりつかって帰るのはいかがですか?

ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

 

月ヶ瀬梅林の場所とアクセス

月ヶ瀬梅林梅まつり(月ヶ瀬梅渓梅まつり)が開催される場所は、奈良県奈良市月ヶ瀬にある月ヶ瀬梅渓という県立自然公園です。

公共交通機関から行かれる場合の月ヶ瀬梅林へのアクセスは、複数あります。

近鉄奈良線からは、奈良駅から直通65分ほどで到着する臨時バスが走行します。

近鉄大阪線からは、伊賀神戸駅で伊賀鉄道に乗り換え上野市駅で下車し、バスに乗り換えれば30分ほどで到着します。

名張駅から拮梗が丘駅を通って臨時バスに乗り換えると、30分ほどで着きます。

 

 

JR関西本線からのアクセスは、まず大和路快速大阪駅からは、49分ほどで奈良駅に行きます。

期間中奈良駅から1時間8分ほどで行ける直通の臨時バスが走行します。

大和路快速の大阪駅へ着いたら、加茂で1時間35分ほどで月ヶ瀬口駅に着きます。

月ヶ瀬口駅からは臨時バスが期間中は出ますので、15分ほど乗ってください。

伊賀上野駅で乗り換えて上野市まで行き、バスに乗り換えて30分ほどで到着します。

 

 

 

 

駐車場

月ヶ瀬梅林へ車で行かれる場合、会場周辺に複数の駐車場があります。
無料駐車場もあります。

しかし、期間中の日曜祝日など、渋滞・混雑しますので、公共交通機関を利用した方がスムーズです。

車で行きたい場合は混雑を避けるなら、日曜祝日以外の平日がおすすめです。

 

 

スポンサーリンク