結城神社梅まつりは、300本近くのしだれ梅が咲き誇る名所として、全国から多くの観梅客が毎年集まります。

三重県津市にある結城神社(ゆうきじんじゃ)は、結城宗広公が祀られていることでも、古くから有名な神社です。

梅まつり開催期間限定でオープンする茶屋の眺梅亭では梅茶が飲めたり、梅にゆかりのある銘酒や銘菓を買うことができますよ。

 

 

スポンサーリンク

結城神社梅まつり

結城神社梅まつりが開催される時期は、例年通りであれば見頃を迎える2月中旬から3月下旬ごろとなります。

その年の開花状況によって変わることがあるとのことです。

結城神社の梅は、境内のあちこちに「しだれ梅」が開花し、その数は300本近くにも及びます。

しだれ「桜」はよく聞きますが、しだれ「梅」というのは珍しいですよね。

 

 

また、珍しいといえば、結城神社には「梅棚」といものもあり、まるで藤棚のように咲く梅を見ることができます。

他には結城神社梅まつりでは、蝋梅(ロウバイ)、鹿児島紅、白梅、紅梅などの10種類の梅の品種80本近くを見ることができます。

この梅たちは先代の宮司が植えたものだそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

結城神社梅の見頃

結城神社の梅の開花状況は品種によって咲く時期、見ごろがさまざまです。

早咲きのものでしたら1月下旬くらいに開花し、3月中旬まで私たちを楽しませてくれます。

開花情報ですが、満開になるのは、2月中旬あたりです。

結城神社のしだれ梅が見頃を迎えるのは、例年3月上旬。

雲竜梅の見頃は、1月下旬です。

 

 

通常時の開園時間は9時から16時ですが、梅まつりの期間は9時から17時までと1時間長くなります。

梅まつり期間中は梅園の入園料が小人200円、大人500円になり、別途拝観料が必要です。

また、期間限定で茶屋がオープンします。

店内ではコーヒーや梅茶でくつろぐこともできますし、酒造会社や地元の菓子店の梅にゆかりのある銘酒や銘菓を買うこともできます。

 

 

 

 

場所・アクセス

結城神社梅まつりが開催される場所は、三重県津市藤方2341です。

公共交通機関から行かれる場合のアクセスは、まず近鉄津駅を下車したら、「サンバレー」「天白」「米津」行きの三交バスに乗り換えます。

14分ほどで着く「結城神社前」で降りたら、歩いてすぐです。

車で行かれる場合は、250台近くが停められる無料駐車場があります。

 

 

 

 

宿泊・ホテル


 

三重県津市、結城神社梅まつり周辺の宿泊施設やホテルです。
温泉にゆっくりつかって帰るのはいかがですか?

 

周辺ホテル・宿泊施設 一覧
 ↓ ↓ ↓
ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

 

結城神社の歴史

結城神社の境内には、結城宗広公という南北朝時代の悲運の武将が祀られています。

後醍醐天皇を奉じた宗広は、鎌倉幕府の倒幕運動を行い、果たした末に建武新政の樹立に腕を振るった人物です。

しかし、南北朝時代には二度陸奥から京へと北畠顕家親子に従って攻撃したのですが、帰宅の途につく間の三重県で船が難破するという事態に遭遇し、津市で最期を迎えました。

亡くなった土地である津市のこの神社で、現在は祀られています。

 

 

スポンサーリンク